国立循環器病研究センター内に健都イメージングサポート拠点として、6台の最新のイメージング機器を設置しています。
(詳細は、機器一覧をご覧ください)

2021年の秋頃までにすべての機器が利用可能となる見込みです。
なお、利用案内、予約システム、トレーニング等については、準備中ですが、国立循環器病研究センター内外を問わず、ご利用は可能ですので、ご興味のある方は、お問い合わせください。

ご利用開始状況

機器名称 利用開始時期
【高速共焦点スキャン顕微鏡】
アンドール・テクノロジーLtd
Dragonfly
利用可能
【電子顕微鏡】
日本電子株式会社
JSM-IT800
8~9月
【ラマン顕微鏡】
ニコン株式会社
PIXIS-400B-TDM
8~9月
【多光子励起顕微鏡】
オリンパス株式会社
FVMPE-RS-SS-SP
10月
【ライトシート型蛍光顕微鏡】 10月
【超解像顕微鏡】 10月
世界モデルとなる自律成長型人材・技術を育む 総合健康産業都市拠点